shantidam

記事一覧(59)

第2期 庄内YIC 最終回

なますてー受講生の皆様論文、試験お疲れ様でした!YIC修了おめでとうございます!みちこ先生ありがとうございました!昨日は、第2期庄内YICの10回目 最終回でした。この1年間で、ヨーガの智慧をたくさん学びました。講座の中で、宿題を書く中で、たくさん内観しました。皆様、大なり小なり気づきや変化があったようです。YICは修了となりますが、ヨーガは大変に奥が深く学びや修行はずーっと続いて行きます。昨日のスートラでは、慧心先生もまだまだ克服すべきことがあると仰っていましたね。今現時点の智慧の中で、自分で克服するべきことは何か、誓いと祈りを忘れずに、どうかこれからもずっとヨーガと離れないで学びを続けてほしいです。心が乱された時、不安や悲しみに苛まれた時、ヨーガの智慧を思い出してください。たまに、テキストを開いて読み返して見たり、聖典を開いてみてください。もしよかったらヨーガ療法士を目指して、YTICへ進んでくださいね。私達も全力でサポートします!この講座は、インド中央政府公認sVYASA(スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団)のヨーガ・インストラクター養成講座です。ヨーガ療法の基礎知識と伝統的ヨーガの智慧の基礎を学ぶことができます詳しくはこちら

安全にヨーガの恩恵を

YOGAには伝統的な流派から、ポーズさえ取れば、呼吸に合わせれば、YOGAと名が付き、本当に様々な種類があります。インストラクターの資格も何年もかかるものから、3〜5日程度で資格が取れたり、通信教育でも資格が取れるそう。資格がなくても教えることはできます。お陰でYOGAという言葉となんとなくの意味や雰囲気は普通に誰にでも知れ渡り、どこでもお気軽に体験できる。身体を動かすことや挑戦することが好きでアクティブに動くYOGAも良い!現代の新しい発想でアレンジされた最新のYOGAも良い!伝統を重んじたどっぷりインドなYOGAも良い!神に歌を捧げるバクティYOGAも良い!ヒーリング、リラックス、ペアヨガ、親子ヨガ、HOTヨガ、顔ヨガ、指ヨガ.............それぞれベースにはYOGAがある。自分に合ったYOGAに出会えて、毎日が楽しくなってHAPPYになって、YOGAスタジオに行くのが楽しみで、健康になって、ヨガ友ができて、それぞれにたくさんの恩恵がある。でも、以下にリンクした記事はインストラクターにも受講者にも大切なことを伝えてくれていると思います。記事より・・<「ポーズ」に無理に体を当てはめるのではなく、個人の体の特徴に応じて指導することが大切><自分に合った内容かどうかを見極めることが大切><インストラクターに体調などをしっかり伝え、それを踏まえて指導してくれるかどうかも1つのポイント。いずれにしても無理のない範囲で楽しむことが大切>自分に合っているか見極めてほしい

ほとりあ ヨーガセラピー

清々しい晴れの日山々は雪を残し雄大に規則正しい水田はキラキラ光る鮮やかな庄内平野を突き進み鼻唄ルンルン🎶大山 へ町を抜けほんの数分大山の山々が目の前に青々と現れる昨日は月1回第4日曜日に開催している鶴岡市大山「ほとりあ」でのヨーガセラピーでした。参加者の皆様、ほとりあスタッフの皆様、ありがとうございました。木々と緑の香り、爽やかな風。窓から切り取る景色は、空山池に湿地帯。自ずと自然に背伸びをして深呼吸。心も身体も喜んでる🎶ここでヨーガをお伝えできる幸せ恵まれている有難い人々が健康であるように痛みや苦しみが軽減されるように穏やかな笑顔が溢れるように不幸に悲しく疑い深くなったとき心が乱されたときヨーガは最良の手段となって助けてくれます。最初にお話しを伺い、無理のない技法をお伝えします。みんなと一緒でなくても全然大丈夫。硬くても、体力がなくても、持病があっても、動かせる部位が少なくても、大丈夫。妊婦さんも参加できます。ダルシャナ(カウンセリング)とヨーガのお話しと体操とリラクセーションと呼吸法と瞑想とお祈りと。たくさんの技法の中から、シンプルで簡単だけれど効き目の高い、エビデンス(証拠)がしっかりとある技法の数々が助けてくれます。肩書きもプライドも執着も不安も心配もストレスも担いだ鎧を脱ぎ捨てて自然な自分に還る時豊かな自然に囲まれたほとりあでヨーガでリフレッシュしませんか?次回は6月24日です。

第2期庄内YIC

YICでは、ヨーガ療法を学ぶための基礎作り。土台となる伝統的なヨーガを学び、土台となる自分の心根を整えます。自分を客観的に見つめるためにたくさん内観します。そして、共有します。自分を受け入れ、相手を受け入れる。それは正にヨーガ。応諾です。YICは、自分を整える安定した土台作り。YTICでは、ヨーガで人々の役に立っていけるように、病気や疾患を持っている方にも安全に安心してヨーガを行なっていただけるように、更に学びを深めていきます。7月に開講した第2期庄内YIC。気付けばもう9回目。はやっ!講義は終了となり、次回は、論文提出と試験。前回の8回目学びは「カルマヨーガ」カルマ=行為カルマの語源はKri=する私達人間は、生きている限り行動が伴います。肉体も呼吸もエネルギーも。頭の中もぐるぐる。大半を行為に費やしているのなら、行為の仕方、方向性を正しい向きにしたいものです。誰かの役に立てるようにその行為を喜んでできるように見返りを求めずに代表的なカルマヨーガの実践者と言えばマザーテレサ。純粋な動機によって、真っ直ぐに行為を続ければ、人もお金も自然と集まる。そんな人望の厚い、人間性の高い人になれるように行為によって日々修行を続け解脱を目指すのがカルマヨーガそのために、内観瞑想では何度も何度も自分の行動やその時の思いを見つめ直し、修正します。徳の高い行いができますように。神の道具となれますように。Yogaって美しいバガヴァットギータって美しいクリシュナ神に惚れ惚れしちゃう〔カルマヨーガの経典は、バガヴァットギータ。クリシュナ神とアルジュナの会話。迷えるアルジュナをクリシュナ神が導きます。〕第2章48節『アルジュナよ、執着を捨て、成功と不成功を平等(同一)のものと見て、ヨーガに立脚して諸々の行為をせよ。ヨーガは平等の境地であるといわれる。』キュン❤️ほど遠い…………でも、変わったなぁ自分と思えるところもある。少しずつでOK。まだまだ生まれ変わって人生を楽しめそう。YIC9回目に続く。〔リンクに貼った本は、優しい言葉でとてもわかりやすく解説されています。読みやすいです。〕

北インド古典音楽Live

北インド古典音楽のライブに行きました。鶴岡で、車で5分で、上質な日本最高レベルの北インド古典音楽の演奏が聴けるなんて。嬉しくて幸せで最高の夜でした。インド古典音楽はヨーガと同じくヴェーダに由来します。ですので、方法は違えど目指すところは一緒。美しいラーガ〔旋律〕をターラ〔拍子〕にのせて。その繊細な音の響きの振動は、この世の森羅万象を操ることさえできると言われ、雨のラーガを奏でれば雨が降り、鹿を呼ぶラーガを奏でれば鹿が現れると。音楽を神に捧げ、神と一体となる。それはそれは美しい音楽です。インド古典音楽の神様的な存在の演奏家を師に持つタブラー奏者のユザーンとサントゥール奏者の新井孝弘さん。お二人の力強くも繊細でクリアな響きは神様からのギフトを与えてくださりました。幸福感に満たされています。キャバティ!!キャバテーィ!!〔ブラボー!的な意味〕〔インド古典音楽は一定の拍子が繰り返されながら、1に戻ったところで2人の掛け合いがピタっと揃うサムという場面があります。超絶技巧からのサムは興奮からのホッとした感じで気持ち良い!アラープ〔最初のソロの部分〕美しい旋律が奏でられた時やサムが決まった時に「いいね!」って感じで「キャバティ!」と演奏者を讃えます。〕お客さんは満員で、こんなにたくさんインド古典音楽に興味がある人がいることを知れたのも嬉しい。我が家の物置的な部屋に眠るタブラーを1歳になる息子が見つけパンパン叩いた。ならばと何年かぶりにタブラーをリビングに運び一緒に叩いた。インド音楽が懐かしくなり、聴きたいと思った。情報を遮断してしまう生活の中で、自らライブ情報をググる。そしたら見つけた。数週間後にご近所に!ユザーンが!新井さんが!その夜はなかなか眠れませんでした。息子がライブあるよ!ユザーン来るよ!と教えてくれたようでした。そんな息子くんは、一曲目のアラープが終わり、10拍子のリズムに揺られ、すやすやライブ終了まで眠ってました。色々なタイミングとラッキーが重なって演奏が聴けました。この満タンになって溢れてる幸せのエネルギーをムダ遣いしないように、私も人の役に立てるように。まんず、興奮を鎮めて冷静にならねばです。

あいかけんが鶴岡にやってくる!

今週末に開催される、松ヶ岡桜まつりに『あいかけん』が出店します。「あいかけん」は、yoga shantidamのWSや国際YOGADAY in 庄内でもインド家庭料理を提供してくださっている村上祐子さんのお店です。画像はアーユルヴェーダ入門講座の際に提供してくださったあいかけんのお料理。うーん、美味しそうでしょ。シャンティでサットヴァなあいかけんのお料理をぜひ食べて欲しいです。とーってもおススメです。週末は暖かくなり晴天。桜も有名な松ヶ岡。お出かけには最高ですね。他にもぐっち先生のヨーガや素敵なお店の出店多数。私もぷらぷらお出かけしまーす。以下庄内オーガニックマルシェのFBより・・・・・・・・愛のカレー研究所、「あいかけん」を主催されています村上裕子さん。98年に初めてインドに渡り、インドの家庭料理に魅せられ、現地にてインド料理を学び、2011年、那須塩原市にて南インドのヴェジ定食「ミールス」専門店をオープン。村上さんの作り出す愛情たっぷりインドの本格的菜食カレーは玄米を始め日本の素材を取り入れたりと、本当にたくさんの方々を魅了してきました。2014年に閉店してからは秋田市を拠点に料理教室、イベント出店などを中心に活動しています。庄内ではなかなか食すことができない本格的なスパイスカレーどうぞお楽しみに!!************************************************************************************出店者さんより一言スパイスおうちごはん「あいかけん」インドのお母さんたちが作る家庭の味に魅せられ、各地で家庭に滞在しながら家庭料理を教わる。そのまま再現するのではなく、日本の食材を使って全く新しいものに仕立て直しながら、スパイスを日常の食卓に取り入れる楽しさをお伝えしています。ブログ「あいかけんだより」http://blog.livedoor.jp/aikakendayori/

2018 国際YOGADAY in 庄内 開催決定

今年も庄内で活躍するヨーガインストラクターの皆様と一緒に国際YOGADAY in 庄内 チャリティヨーガを開催します。日時:2018.6.23 (土)会場:羽黒 創造の森交流館寄付先:キエフのゼムリャキ(チェルノブイリ被曝者団体)で使用している車の支援後援:インド大使館5月上旬に詳細を発表します。今年も様々なジャンルのクラスを開催予定です。たくさんの笑顔が広がるイベントになりますように、実行委員で準備を進めています。ぜひ、今からご予定に入れてくださると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。国際YOGADAYとは・・・

 国連は6月21日を「国際YOGADAY」に制定しました。  2014年9月の国連総会でのモディ首相の「ヨーガは平和な社会をつくるための最適の手段」という呼びかけに対し、日本政府を含む共同提案国177ヵ国からの賛同を受け、国連は2014年12月11日、6月21日を「国際ヨーガデー」とすることを宣言しました。 6月21日は1年で最も太陽が高く昇る夏至の時期にあたります。日が最も長くなり、すべての命を育む太陽のエネルギーが最も高くなるとされるこの時期は、心身のバランスを整えるヨーガを行うのに適していると言われています。世界中で人々がヨーガを楽しみ、体・心、そして社会の健康を育む日です。