shantidam

記事一覧(78)

9月のヴェーダ瞑想②

9月のヴェーダ瞑想②【持ち物が少なければ少ないほど 多くを与えることができる】という智慧の言葉です。これは、《欲少なければ多くの人々と分かち合える》という智慧の教えです。前回の9月ヴェーダ瞑想①では「多くを持たないでいられたこと」を内観し、物質的次元で書きました。この智慧の教えでは、《多くを自分が持てば持つほど、自分一人のことしか考えなくなる》といいます。では次に「これまでの人生体験で“多くを持っていたのでかえって、他人との交わりが良くできなかった」と思える体験を・・・瞑想します。私は過去、あれもこれもなるべく理想通りにこなしたい、お家はいつも綺麗でいたい、食事はオーガニックで手作りしたい、布おむつで、TVは見ない、なるべく触れ合いたい、、、、、。できる妻、できる母でいたい。あーしたい、こーしたいと、自分で好きでそうしているはずなのに、いつしか余裕がなくいっぱいいっぱいになっていました。自分の掲げている理想と現実の二極の対立の狭間で揺れ動き、ダメな自分と思い落ち込んだり、周りのせいにして怒ったりしてました。家族のために、周りのためになんておこがましく、あーしたい、こーしたいというだたの自分の欲であり、こだわり、こうでなくてはいけないという執着。抱える欲が多すぎて、上手くいかず、自分も周りも苦しめていたと思います。もちろん、心身に良いという生活スタイルができれば良いと思う。だけれど、自分の力量を知り、できない自分も優しく受け入れる。疲れたらサボろうよ。たまにはファストフードもいいじゃない。旦那も子供も、疲れてしかめっ面で料理をしたり、洗い物をしてるピリピリムードのママより、ゴロゴロしてても余裕のあって笑っているママのほうが良いよなーと気付きました。最近はさぼりすぎていかがかと思うことも多いですが、昔に比べ余裕があります。自分を受け入れ穏やかに過ごしていると、自分と違う考えや意見を持つ人も受け入れることができるようになってきました。<欲が少なければ多くの人々と分かち合える>もう10月なのに・・9月のヴェーダ瞑想でした。皆様はいかがですか?*ヴェーダ瞑想とは・・聖典や導師の教えをまず良く聞き学ぶ (聴聞/シュラヴァナ)、次にその教説を自ら良く考え(熟考/マ ナナ)、その熟考が無意識の次元にまで習慣化した深い瞑想(日常の瞑想/ニ ディディヤーサナ)状態になって初めて、私たちは三昧の意 識状態の中での気 づき(悟り/ギヤーナ)を得ることができる瞑想の手法

9月のヴェーダ瞑想①

今月のヴェーダ瞑想【持ち物が少なければ少ないほど 多くを与えることができる】という智慧の言葉です。これは、欲少なければ多くの人々と分かち合える、という智慧の教えです。あれが欲しいこれも欲しい最近はルンバが欲しい(あーぁ)あーしたいこうしたい寝たい食べたいのんびりしたい放っておくと私の思考は欲深く怠けよう怠けようとするさて、私は過去に多くを持たないでこれた経験はあっただろうか......瞑想......20代前半バックパッカーだった時それこそバックパック一つに収まる荷物が所有物のすべて服や下着は3セットタオルは荷物を軽くしたくて最終的には手拭いだった石鹸一つで全身洗えたしオイル一つで全身ケアできた荷物一つの身軽さはいつでもどこにでも行けた自分の居住スペースはドミトリーのシングルベット一つ整理整頓、掃除や片付けはほんの数分物に囚われている時間がないぶん様々な体験に時間を使うことができたシンプルな装いにノーメイクそのままの飾らない素直な自分でいられることは気持ちが良い不自由はなく余裕があって人に優しくなれたボランティアに没頭し、今までにいただいたたくさんの愛を優しさを人々に還元したいとエネルギーを費やした物や肩書きプライドやイメージなど囚われるものがなく職もなく独身フリー背負うものもなく正に身軽でしただからこそ世界中からのバックパッカーと現地の人とたくさん共有する時間があって自分の知らない世界のワクワクする話しをたくさん聞けたヨーガにもそんな中で出会えた夫にも「持ち物が少なければ少ないほど 多くを与えることができる」という智慧の言葉欲少なければ多くの人々と分かち合える、という智慧の教え皆様 はどうですか?多くを自分が持てば持つほど、自分一人のことしか考えなくなるこのヴェーダ瞑想はまた次回最後までお読みいただき、ありがとうございました。

メンタルトレーナー白石豊先生の講演

仙台でのヨーガ療法学会研究総会では、福島大学教授の白石豊先生の講演を聴くことができました。白石先生はオリンピック選手やサッカー日本代表監督など数多くのアスリートのメンタルトレーナーとして著名な方です。30年前から木村慧心先生のもとでラージャヨーガ修行をされており、ヨーガ療法学会の理事も務められております。アスリートへのメンタルトレーニングとしての心身調整法は、まさにヨーガそのものであり、ゾーンへと導く行法を余すことなく教えてくださいました。白石先生のヨーガとの出会いから、最初の師であった佐保田鶴治先生との出会い、その後、慧心先生との出会いから修行のお話しも興味深く、こんな言葉を授けてくださいました。人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬たりとも早すぎず、一瞬たりと遅すぎず。しかし内に求める心なくば、どんな眼前にその人ありといえども縁は生じず。(森信三)正にその通りだなぁと。必要な時に、絶妙なタイミングで出会うべくして出会った大切な人がいるそれは、その時には気づかなくて後から気づくこともあれば、驚くほどの衝撃をもって目の前に現れることも何か困難に出会った時にアドヴァイスを与えてくれる人ステップアップのために試練を与えてくれる人一人では難しい状況に共に協力してくれる仲間お師匠さんも夫も友達もただ、今はずっとやりたいと思っていることが何年もできずにいます。行動力が足りてないことも、一歩が踏み出せていないことも、結局は自分の心の準備ができていないということをまざまざと見せつけられました。一歩踏み出せば、勉強の機会も経験の機会も与えられます。私のやるべき事は何か、求められていることは何か、識別力をもって見極めて行かねばです。波が来たら上手に乗りこなせますように。